教育機関と学費の関係

インテリア

インテリアの専門学校の費用は学習期間や奨学金の有無などにより大きく異なります。通常は入学金と授業料を合わせ百万円以上の学費が必要とされますが、奨学金の活用や夜間コースの受講により大幅なコストダウンが可能です。

詳しく見る

通いやすいスクールが多い

ネイル

ネイルスクール通いを検討する際に、名古屋のような都市部だと通いやすくレベルの高いスクールが数多くあって選択肢は豊富です。だからこそ各ネイルスクールの特徴などをしっかりと調べて、自分に一番合ったところを見つけられるようにしましょう。

詳しく見る

美容のプロになる方法

エステティシャン

美しく輝いて働いている美容のプロは憧れの職業の一つである。美容のプロになるには必ずしも学校に通う必要はないが、トータルビューティの専門学校に通うのも有効な方法である。選ぶ基準としては学費は勿論、在学期間や就職に強いか、将来につながる資格を得ることができるか、などである。

詳しく見る

コーディネートに役立つ

インテリア

インテリア関係の専門学校に通うと、インテリアコーディネーターとして活躍できる人が多くなっています。仕事に役立つので、学んでおいて損はありません。また、資格を取得しなくても自身の部屋づくりに役立てられます。

詳しく見る

目的に合うところを選ぶ

マニキュア

名古屋のネイルスクールに通うのなら、目的に合うかどうか確認してからにしましょう。ネイリストになりたい人もいれば、デザインだけ学べればいいという人もいるはずです。場合によっては通信講座が適していることもあります。

詳しく見る

美容の専門家になろう

メイク道具

髪もメイクも着付けも

トータルビューティの専門学校では、基本となる美容師資格の取得を筆頭に着付けやメイク、エステやネイルなども学ぶことができます。各専攻科が設けられるほか、トータルビューティ―科が設けられていたり、美容師の専攻にオプションや希望で他の科目やコースも学べるといったスタイルが専門学校によってとられています。ヘアカットやカラー、パーマなどヘアスタイリングを中心に行いたい方もいれば、これからの時代にはオールマイティーにメイクアップアーティストの資格やスキルも欲しい、ネイリストの資格も欲しい、エスティシャンとしてスキンケアのプロにもなりたいとマルチなスキルを持ちたい方もいることでしょう。トータルビューティ専門学校やトータルビューティのコースがある専門学校であれば、凝縮された期間でワンストップで多彩な資格を身に着けることができます。特にブライダルに関わりたい方なら、ヘアメックにネイル、着付けとオールマイティーにできると独りで活動できて将来的な活躍の場も広がることでしょう。既に美容師として活躍されている先輩たちの中には、仕事をしながら必要に応じてメイクの勉強をしたり、時代のニーズに合わせてネイルの勉強をしたりする方も少なくありません。ですが、仕事をしながらでは大変ですし、何度も専門学校に通うとなれば、その都度、入学金が必要になったりコストもかかります。一度に集中して学べ、同じ場所で幅広いスキルを磨け、資格を取得できるのであれば効率的で、トータルで見れば低コストに収まります。